レヴィーガ モイスチュアセラムの成分と効果を徹底解説【敏感肌に合う?】これが欲しかった!

レヴィーガ モイスチュアセラム 成分 世界初

レヴィーガ モイスチュアセラムは、肌と同じ「ラメラ構造」と「肌の常在菌」に着目した新発想の美容液です。

肌の調子を整える効果が高いので、特に敏感肌の人におすすめです。

この美容液には、肌の常在菌を整えるために3つの成分が配合されています。

  • 潤い力を上げる「フェカリス菌
  • 善玉菌と悪玉菌のバランスを整える「BIOECOLIA
  • 肌トラブルの悪化を防いでくれる「乳酸菌代謝産物

これらの成分により、透明感のある健康的な肌を目指してくれます。

その他にも、潤いには欠かせない「ヒト型セラミド」と「植物型セラミド」、

水分保持力を高めてくれる「天然保湿因子(NMF)」が配合されています。

これらはラメラ構造を形成する重要な成分で、潤いに満ちたイキイキとした肌づくりに不可欠な成分です。

この記事では、レヴィーガ モイスチュアセラムの成分成分に関連する情報効果について徹底解説しています。

レヴィーガ モイスチュアセラムの口コミはコチラ>>

レヴィーガ モイスチュアセラムに配合されている成分や関連する事項

レヴィーガ モイスチュアセラム 成分 医学誌に掲載

レヴィーガ モイスチュアセラムに含まれている成分について詳しく解説していきます。

他にもレヴィーガ モイスチュアセラムに関連する事項についても説明していきますね。

フェカリス菌

レヴィーガ モイスチュアセラム 成分 フェカリス菌

ヒトの体にとって良い働きをする善玉菌を増やすことが医師による臨床実験で証明された乳酸菌の一種。

腸内環境を整えるものとして広く活用されていますが、この美容液は肌の常在菌バランスの最適化に転用しています。

BIOECOLIA

レヴィーガ モイスチュアセラム 成分 BIOECOLIA

糖の一種で常在菌の栄養源。これを肌に与えることによって、常在菌のバランスを整えることができます。

そうすることで肌のpHや水分量を改善する効果が期待できます。

乳酸菌代謝産物

レヴィーガ モイスチュアセラム 成分 乳酸菌代謝産物

乳酸菌生産物質とも言われており、乳酸菌の働きによって生まれた成分のこと。

この美容液の場合はワサビの根から抽出したエキスを乳酸菌によって発酵させた成分です。

ワサビは天然の抗菌、抗酸化作用を持つことで有名ですが、

その働きを応用して、悪い菌による肌への刺激や老化の予防に一役買ってくれる成分となっています。

セラミド

レヴィーガ モイスチュアセラム 成分 セラミド

ヒト型セラミド

レヴィーガ モイスチュアセラム 成分 ヒト型セラミド

セラミドNG

セラミドNGは、セラミドの中で占める割合が多く最も高い保湿力を発揮します。

セラミドNP

セラミドNPは、保湿効果により乾燥肌やシワの予防効果があります。

セラミドAP

セラミドAPは、保湿効果がありターンオーバーを促す事でシワの軽減効果があります。

植物型セラミド

レヴィーガ モイスチュアセラム 成分 植物型セラミド

グルコシルセラミド〈米〉

グルコシルセラミドは私達が普段食べているお米に含まれる成分で、

角質層のセラミドの生産を促す作用がありお肌のバリア機能を高め乾燥を防いでくれます。

ユズ果実セラミド

ユズ果実セラミドは柚子の果実から抽出された成分で、人型セラミドに近い働きをし、

角質層の脂質の状態を整えることで保湿効果を高めバリア機能の回復を促してくれます。

天然保湿因子(NMF)

レヴィーガ モイスチュアセラム 成分 NMF

天然保湿因子(NMF)は角質層にある、表皮の新陳代謝によって生まれる人が本来持っている因子で、

主にグリシン、アラニン等さまざまな種類のアミノ酸とその派生物によって構成されています。

構成比としてはアミノ酸が最も多く約40%、次いでピロリドンカルボン酸(PCA)、乳酸塩、尿素、ミネラルと続きます。

角質層の水分を結合し、吸収することにより肌の水分を保持するので、肌の保湿には欠かせない因子の一つです。

加齢等によって産生が衰える天然保湿因子の主成分をこの美容液によって取り入れることで、肌の潤いを保つことができます。

酸素ラメラ

レヴィーガ モイスチュアセラム 成分 酸素ラメラ

ラメラとは「ラメラ構造」のことで、肌の保湿機能を担う細胞間脂質、いわゆる「セラミド」の独特な構造を指します。

その構造は水と油が交互に重ね合わされたものであり、なかなか複雑なもの。

この美容液は独自の技術で美容液の成分そのものにラメラ構造を再現し、そのまま肌に与えることができるというのが大きな特徴です。

しかもその水分を酸素水に置き換えているため、肌にうるおいと酸素を同時に補給させることが可能となります。

酸素を得ることによって肌のめぐりが良くなり、くすみが改善され健やかな肌になることが期待できます。

酸素水

レヴィーガ モイスチュアセラム 成分 酸素水

化粧品を作るときに水=精製水を使うのが一般的ですが、通常よりも酸素が多く溶け込んでいる水のことを酸素水と言います。

酸素は人間にとって必要不可欠ですが、体に取り込まれた酸素は、

脳細胞の活動や運動のためのエネルギーの生成・運動によって作られた乳酸の分解など様々な働きをします。

そして細胞内に出来た老廃物や不純物を排出する代謝活動を活発にし、美肌にも大きく影響するのです。

酸素の分子は非常に小さいのでお肌からも浸透させる事が出来ます。お肌から浸透させれば、

肌細胞にたまった老廃物の排出を促し生き生きと肌へと導いてくれるのです。

ATP

レヴィーガ モイスチュアセラム 成分 ATP

細胞が活動するために必要なエネルギー。

本来ならば普段の食事で得た栄養を元に体内で作ることができるのですが、同時に十分な酸素も必要です。

この美容液は成分の一つである酸素水の力でATP産生を助け、

代謝や刺激に対するバリアといった肌本来の様々な機能を活性化させることができると考えられるのです。

カンゾウ根エキス

カンゾウ根エキスは甘草というマメ科の植物のエキスで、漢方薬やハーブとして古くから利用されてきた成分です。

カンゾウ根エキスに含まれるフラボノイドのグラブリジンが、チロシナーゼの働きを阻害することでメラニンの生成を防いでくれます。

メマツヨイグサ種子エキス

メマツヨイグサ種子エキスは北米原産の2年草で、多くのポリフェノールを含んでおり抗酸化作用でハリや弾力や透明感をもたらしてくれます。

ユズ果実エキス

ユズ果実エキスは柚子の果実から抽出されたエキスで、人のセラミドに近い働きをし潤いをもたらしキメを整えてくれます。

ホホバ種子油

ホホバ種子油はアメリカの砂漠で自生している植物のオイルで、

人間の皮膚層に含まれる保湿と潤い効果のあるワックスエステルと非常に近いワックスエステルを含んでおり、

肌なじみがよくさらりとした使い心地です。

ネイティブアメリカンは昔からお肌や髪の手入れや薬として活用しており、

血行を促し乾燥からお肌を守りハリや潤いを与えてくれるのです。

スクワラン

スクワランは私達の皮脂にも含まれる成分ですから肌なじみがよく、高い保湿力を持ち肌荒れやニキビ予防効果もあります。

界面活性剤不使用

レヴィーガ モイスチュアセラム 成分 界面活性剤不使用

界面活性剤とは、本来なら混ざり合わない水と油を安定させ、

肌への浸透力をアップさせるために使用される成分で、多くのコスメに使用されています。

ところがその、肌のバリアを突破して奥にまで浸透する特性が諸刃の剣にもなります。

界面活性剤を体の奥にまで届かせることによって、体に何か異常が起きてしまう可能性があるのです。

特に化学的に作られた合成界面活性剤は、その成分を奥にまで取り込むことにより毒となる危険性が叫ばれています。

この美容液はそんな界面活性剤を使っていないので安心して使用ができるということです。

防腐剤不使用

防腐剤はコスメに雑菌が繁殖することを防ぐ成分。いくら高品質なコスメでも、

すぐに品質が劣化したら思い通りのケアができなくなってしまいますし、雑菌だらけのコスメを塗るなんて肌トラブルの元です。

しかし、最近では防腐剤もまた皮膚刺激が強く、アレルギーを起こす危険性があるということがわかってきました。

そんな防腐剤もこの美容液には含まれていませんので、炎症などを引き起こすリスクもなく使い続けることができます。

スキンフローラ

レヴィーガ モイスチュアセラム 成分 スキンフローラ

スキンフローラとは、肌の外側の皮膚にある常在菌の集合体のことです。善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種があり、

それらが皮膚にバランス良く保たれながら棲んでこそ美しい素肌が作られる事が、近年では注目されています。

スキンフローラが整った肌は微酸性で、この化粧品には常在菌のバランスを保たせる効果があります。

レヴィーガ モイスチュアセラムの効果や特徴について

レヴィーガ モイスチュアセラム 成分 ホメオスタシス

近頃オーガニック化粧品や肌に優しいスキンケア商品はたくさんありますが、

数が多すぎて一体何を選べばいいのかわからなくなる方も多いと思います。

手軽に自分に合うこの一品!というものに出会いたいですよね。

レヴィーガ モイスチュアセラムは酵素水を使った敏感肌用スキンケア です。

どんな方も「ホメオスタシス」という自分の肌を本来の状態に戻す力を持っています。

いまの自分の肌ケアをしながら、自分の肌力もあげてくれるので、

自らで生まれ変わる綺麗な素肌を手に入れたいという方にはピッタリの商品ですね。

常在菌の力で刺激に負けない、強い肌へとサポート

皮膚には元々、腸と同じように良い環境を保つよう働きかけてくれる常在菌がいます。

レヴィーガ モイスチュアセラムはそこに注目し、

常在菌のバランスを整えることで外的刺激から肌を守ってくれるための最適なバランスへと導く成分を配合しています。

肌にとって良い菌の働きを邪魔する過剰な悪い菌と戦ってくれる「フェカリス菌」、

菌がバランスよく増えるための栄養となる「BIOECOLIA」、そして「乳酸菌代謝産物」。

乳酸菌と言えば腸の善玉菌をサポートすることでもおなじみですよね。

この3つの有効成分によって、美肌をキープするための心強いバリアを得ることができるのです。

世界初の「酸素」を与えてくれるラメラ美容液

レヴィーガ モイスチュアセラムは本来美容液に含まれる水分を全て酸素水に置き換えた、世界で初めてのラメラ美容液です。

ヒトの体に酸素は欠かせませんし、肌も酸素不足になると栄養が上手に行きわたらず、代謝の力が低下してしまいます。

そこで酸素をダイレクトに与えることで、根本的な肌の健康に外部からアプローチをしてくれるのがこの美容液なのです。

酸素分子は小さいため表皮からの浸透が可能となりますし、

角質層の大事な成分であるラメラ構造として補給することによりしっかり奥まで効率よく導入することができます。

医学誌も注目した画期的な美容液

敏感肌の人は新商品が「肌に優しい」と宣伝されていても手を出しづらいのではないでしょうか。

レヴィーガモイスチュアは界面活性剤や合成香料、合成着色料など10項目にわたるフリー処方

フリー処方は他の製品にも数ありますが、お肌に優しいのは「ラメラ構造」を美容液にも採用しているから。

ラメラ構造とはセラミドと水分の重層的な構造で、美容液に取り入れたのは世界初です。

さらに水分も「水」ではなく「酸素水」を使用しているため、お肌に効率よく酸素を行き渡らせることができるのです。

また、腸と同じように皮膚の表面にも善玉菌(日和見菌含む)と悪玉菌が存在し、

善玉菌を応援するフェカリス菌や餌となるα-グルカンオリゴサッカリドを配合。

お肌の表面のフローラを整えます。

医学誌にも取り上げられ、敏感肌の人からも非常に高い評価を得ています。

レヴィーガ モイスチュアセラムの口コミはコチラ>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA